養殖が期待されているどてきり

どてきりは、岡山県の玉野市や児島湾に生息しているノコギリガザミの一種です。
土手に穴を開けることから、岡山県では古くよりこの名前で呼ばれてきました。

 

身の詰まり具合と、歯ごたえがありとても甘い身が特徴です。
どてきりを象った備前焼の器が岡山藩主に献上されたという話もあるんですよ。

 

しかし、岡山県では近年ほとんど姿が見られないほど減少しています。

 

県内では一年に数匹程度しかとれなくなっていました。
干潟をコンクリート化したため生息環境が減少したのが原因のひとつでしょう。
湾内の水質が変わったからとも言われています。

 

そこで玉野市は、どてきりの養殖を開始しました。
稚ガニの養殖や卵からの繁殖といった実験を繰り返しています。
岡山理科大学の協力を得て、順調に進んでいます。

 

とはいえ、まだ養殖は実験段階です。
どてきりは現状、気軽に味わえるものではありません。
今後が期待されているとはいえ、今はまだ滅多に食べられないごちそうなのです。

ブランドガニを食べに行こう!

じゃらん【ブランドガニ】を食べれる温泉宿! るるぶトラベル

ブランドガニ

【ブランドガニ】インターネット(オンライン)通販♪

鳥取県産【タグ付き茹で松葉がに】も有り! 最速15分ふるさと納税はふるプレ

松葉ガニ 築地市場 間人(たいざ)ガニ 津居山(ついやま)ガニ

松葉ガニ

詳細

築地市場の「カニ」

詳細

詳細

加能ガニ ふるさと納税サイト「ふるり」 マングローブソフトシェルクラブ ツガニ

詳細

カニもあるかも? ふるさと納税「ふるり」

詳細