豊洲移転記念「早期割引」開催!

有明海に生きるガザミの竹崎かに

 

竹崎かには、ガザミと呼ばれるワタリガニの一種です。
ガザミは波が穏やかな湾の、水深が浅めな砂泥底に生息しています。
内海でガタと呼ばれる日本最大の干潟地帯が広がる有明海は絶好の環境なわけですね。

 

実際、他の地域で漁獲されるものより身の詰まりや味の濃厚さがいいとの評判があります。
干潟の豊富なミネラルが味に影響しているのです。

 

竹崎かには、一年いつでも観光客に人気があります。
焼いても蒸してもおいしく、甲羅酒も楽しめますよ。

 

中でもオスは夏から秋が最もおいしい時期だと言われています。
これはガザミが水温十度を下回ると冬眠して餌を食べなくなるからです。
メスは卵を抱えた時期である冬がおいしいと評判です。

 

しかし、有明海では海底の陥没や干拓などにより干潟が減少しています。
竹崎かにが生きていける場所が減っているのです。

 

一方で竹崎かにの名前が知られたため、需要は増え続けています。
地元以外ではなかなか食べられない竹崎かにを、一度食べてみませんか。

ブランドガニを食べに行こう!