豊洲移転記念「早期割引」開催!

ミルクガニはたった一隻の船からの贈り物

あなたは、ミルクガニというタラバガニの一種をご存じでしょうか。

 

身が甘くミルクやバターのような香りがすることからこの名前で呼ばれています。
ミルクガニというのは通称で、標準和名はエゾイバラガニです。

 

ミルクガニは漁獲量が少なくとても希少な蟹です。

 

その理由は、駿河湾にてこのカニを漁獲している船は、焼津市小川漁協所属の「長兼丸」わずか一隻だからなのです。

 

養殖もできない、貴重な海の宝物なんですね。

 

駿河湾は、湾の名前がついていますが非常に深い部分があります。
水深二千メートル以上にもなるために、珍しい生き物が数多く見られるのでも有名です。

 

ミルクガニはこのような環境で生息しているから、独特の風味があるのかもしれません。

 

炭火で焼き揚げると、独特の香りが広がり食べる前からたまらなくなりますよ。
しゃぶしゃぶやフライでも非常においしく食べられます。

 

テレビ番組で何度も紹介されていますが、希少性からなかなか食べられるものではありません。

 

値段は意外にお手頃ですが、それ以上の価値があるカニなのです。

ブランドガニを食べに行こう!