豊洲移転記念「早期割引」開催!

熱帯に生きるノコギリガザミ

ノコギリガザミは、熱帯に分布しているカニの一種です。

 

マングローブの根のあたりに住むため、マングローブソフトシェルクラブ、マングローブクラブ、ソフトシェルクラブとも呼ばれています。

日本では、三種類のノコギリガザミが分布しています。

 

ノコギリガザミの味は、カニとエビのおいしい部分を足したようだと言う人がいます。
甘味や旨味が強く、一方で後をひかないのでいくらでも食べられるのです。

ガザミという名前の由来は、カニハサミの意味です。
実際非常に立派なハサミを持つ上に、挟む力が非常に強いのです。
おいしさの理由は、この力じゃないかとも言われていますね。

 

カニは冬が旬の種類が多いのですが、ノコギリガザミの旬は夏から秋です。
沖縄旅行で食べた経験のある人が多い種類ですね。
熱帯地方では養殖の研究が行われているんですよ。

 

ただし、西表島などではノコギリガザミは減少しています。
ノコギリガザミは籠で簡単に捕まえられるため、旅行者も含めて乱獲されてしまったためです。

 

資源回復中の現在は超高級品となっていますが、チャンスがあればぜひ食べてみてください。

ブランドガニを食べに行こう!