豊洲移転記念「早期割引」開催!

恵まれた環境で育った隠岐松葉ガニ

松葉ガニ


 

島根県の隠岐の島周辺海域は、プランクトンが豊富です。
そのため、様々な魚介類が生息する漁場として知られています。

 

この隠岐の島近辺の海底域で育ったズワイガニが、隠岐松葉ガニです。

 

松葉ガニの中でも大型で高品質と言われています。
これは餌が多い上に外敵がいないという恵まれた環境によるものです。

 

隠岐松葉ガニは、かご漁業と呼ばれる方法で漁獲されています。

 

かご漁業は、
サバやイワシを餌として入れたかごを設置してカニがかごの中に入ってくるのを待つのです。

 

脚が足りないなどの事故が少ない上に鮮度もいいという特徴があります。
その上で、700g以上のものだけが隠岐松葉ガニのタグをつけられています。

 

隠岐松葉ガニは、地産地消活動に向けて取り組まれている名産でもあります。

 

地元で冬の観光資源とするために、
今後さらに地元以外では取扱いが厳しくなっていく可能性があるのです。

 

食べられる機会を逃すことなく、隠岐松葉ガニを楽しみましょう。

 

松葉ガニ

隠岐松葉ガニのマメ知識

ブランドガニを食べに行こう!

隠岐松葉ガニ|島根県隠岐島周辺|かご漁業で漁獲されるズワイガニ関連ページ

越前がに
越前がには、日本で初めて産地タグの取り付けが始められた福井県のブランドガニです。
例年の水揚げ量は約240t。
県外にも多く出荷されています。
間人(たいざ)ガニ
京都丹後の間人(タイザ)漁港水揚げ!幻のズワイガニの間人(たいざ)ガニ。
津居山(ついやま)ガニ
津居山ガニは、兵庫県豊岡市津居山(ついやま)港に
水揚げされるズワイガニです。
水揚げ量の平均は約150t。
車で、10分ほどの城先温泉地域で消費されています。
加能ガニ
加能ガニは、石川県で水揚げされたズワイガニです。
2006年に名称が決定され、「加賀」「能登」に由来します。
過去(2012年から)5年水揚げ量の平均は約339tです。
ズワイガニの新興勢力
ズワイガニの新興勢力についての説明です。