豊洲移転記念「早期割引」開催!

浜名湖の環境が育てるドウマンガニ

ドウマンガニは、浜名湖で漁獲されるトゲノコギリガザミです。

 

旬は秋なので、気候のいい時期に観光がてら食べにいくのもいいですね。

 

味はというと、毛がにや上海がにに近い旨味があります。
ベタインやアミノ酸が多いために、香りや味に独特の甘味が感じられます。
脂肪分は少ないので、濃厚な割にしつこさを感じずいくらでも食べられそうです。

 

NPO法人である地域生物資源研究所より、塩分が濃い所では泥臭くなってしまうという報告があります。

 

汽水湖である浜名湖産のドウマンガニがおいしいのは、このあたりにも理由がありそうですね。

 

ドウマンガニは古くから浜名湖の特産品ですが、近年では漁獲量が減少しています。
現地でも、幻のカニと呼ばれるようになってきました。

 

種苗放流事業を平成の始めから行っていますが、種苗生産技術は確率されていません。

 

だからこそ、食べられる機会は逃したくないものです。
一度食べると、幻を追いかけ続けたくなるかもしれませんよ。

ブランドガニを食べに行こう!