手頃に食べられる紅ズワイガニ

ベニズワイガニは、ズワイガニより水深の深い場所に生息すると言われています。

 

 

加熱する前から鮮やかな赤い色であることから、この名前がついているんですよ。

 

紅ズワイガニは、形はズワイガニにそっくりです。
ただし、ズワイガニに比べて甘味の弱さや身の固さが特徴です。

 

一キロ以上のサイズにもなるズワイガニに比べて小型でもありますね。
身が固いとはいえ、おいしいカニに特有の身が詰まった感じがあるわけではないのです。

 

ですから、缶詰の材料として多用されています。
家にある缶詰を調べれば、その大半が紅ズワイガニであることがわかるでしょう。

 

カニフレークやカニコロッケなどのお総菜にも使われています。
手頃にカニの味が楽しめるという意味では、悪くはありません。

 

それに、稀にしっかり身の詰まった紅ズワイガニも存在します。

 

ズワイガニに味が劣るというイメージがなくなるほどおいしいものなんですよ。
そんな貴重な紅ズワイガニに触れる機会がありましたら、ぜひ食べてみてください。

紅ズワイガニ|カニフレーク|カニコロッケ|カニ缶詰の材料記事一覧

一般的には、ベニズワイガニは市場価値がズワイガニより低いと言われています。香住(かすみ)がに食べ比べるとすぐにわかりますが、一般的にはベニズワイガニはズワイガニに比べて水っぽく味も劣るのです。実際、低価格で取引が行われていますね。ところが、香住(かすみ)ガニは違います。上質なベニズワイガニが育つ漁場が近いためか、非常に美味なのです。確かにズワイガニ特有の濃厚さはありません。しかし、淡泊で非常に上品...

このページでは、香住蟹を食べれる店舗を紹介します。香住の蟹醤油ラーメン主な具は力二と鶏肉、とびこなどを加えた肉団子「蟹に金棒」、蟹味噌入りのワンタン、穂先メメンマ。麺はコシのある中細ストレート麺。蟹酢で和えた蟹身で味変しながら召し上がれます♪800円画像引用先:「蟹ラーメンとお酒の場 香住 北よし」ラーメン・つけ麺https://kasumikitayoshi-ramen-gakudai.com/...

日本海にかにを食べに行こう!