香りも味も甘い花咲ガニ

 

花咲ガニは、タラバガニの仲間で初夏から秋にかけて漁が行われます。

 

花咲ガニは、日本近海では、北海道の根室沖にのみ生息しています。

 

名前にはカニとついていますが、実はヤドカリの仲間なんですよ。
昆布の生えている場所に生息するため、別名コンブガニとも言います。

 

タラバガニと比べて、体のとげが長いという特徴があります。
また、脚が短くて太いのでここからも見分けがつきますね。

 

花咲ガニの名前は、漁獲地である根室の花咲という地名に由来しているそうです。

 

また、茹でたときの綺麗な赤さがまるで花が咲いたように見えるからとも言われています。
生きているときの茶色から染まる瞬間は実に綺麗です。

 

花咲ガニは、独特の甘味と旨味が人気の原因です。
特にメスの内子は濃厚な味が楽しめますね。

 

身が引き締まっているのに柔らかい食感が好きだという人もいます。
刺身で食べる際に漂う花咲ガニ固有の甘い香りは、一度味わうと忘れられなくなりますよ。
太い脚を豪快にかじってみてください。

 

”浜海道”の花咲ガニ

ブランドガニを食べに行こう!