豊洲移転記念「早期割引」開催!

ブランドガニについて

タラバやズワイ、日本人は、とにかく蟹好きです!

 

そして、地元独自の愛称で地域で親しまれる蟹が各地に多数生息しています。

 

近年は、観光の目玉としてカニのブランド化に取り組む地域が、北陸、山陰地方を中心に増えています。

 

それらを総称して「ブランドガニ」と呼ばれています。

 

間人ガニ」「隠岐松葉ガニ」「加能ガニ」「津居山ガニ」 などの「ブランドガニが、山陰地方のブランドガニです。

増加しているブランドガニ

日本人は、古くからカニを食べてきました。
海や川に生息するカニは種類も多く、様々な味わいが楽しめます。

 

地方により、同じ種類のカニでも愛称が異なるのも特徴です。
ズワイガニガザミなど、元が同じとは思えないほど違う名前がついています。
クイズ番組に出てきても不思議ではありませんね。

 

例えばズワイガニは、松葉ガニ越前ガニといった名前がついています。
これは種類が違うのではなく、水揚げされた地域の違いから来ているのです。

 

そんな愛称にも似た傾向として、近年では地域のブランドガニが増えてきています。

 

県や市の単位どころか、もっと狭く水揚げ港の名前を冠しているのです。

 

ブランドガニが出てきた背景には、観光面からの町おこしというものがあります。

 

カニは漁獲後早いうちに食べる方がいいため、おいしいカニが漁獲されると知られればグルメを目的とした観光客が増えてくることが期待できるのです。

 

実際、おいしいブランド蟹を前面に出した旅行会社のブランドガニツアーがありますね。

 

ブランドガニの何より大きな目的として、品質保証による価格の安定化があります。
元は同じ種類なので、見た目だけでは産地がわかりません。
質のよくないものを食べた結果、おいしくないと言われてしまう可能性があります。

 

ブランドタグをつけることで、これはおいしいカニだという品質を保証します。

 

消費者がカニを食べた際に、タグを確認すればブランドがわかります。
味の保証がされれば、安心感から市場価格に影響するのです。

 

当サイトでは、人気のタラバガニズワイガニは、もちろん、訪ねてでも食べたい、あなたが、まだ出会ったことがない、日本全国に存在する貴重で美味しい蟹を調べて紹介しています。

ブランド名称とタグの色

ブランド名称 地域・漁港 タグ色
松葉ガニ 間人ガニ 京都府京丹後市
(間人漁港)
大善ガニ 京都府京丹後市
(網野 浅茂川港)
津居山ガニ 兵庫県(津居山港)
浜坂ガニ 兵庫県(浜坂港)
柴山ガニ 兵庫県(柴山港) ピンク

ブランドガニを食べに行こう!

更新履歴