このページの目次

加能ガニとは?

石川県内の漁協が平成18年に一つの漁協へと統合されたことを契機に、県産ズワイガニの名称を一般公募し、「加能ガニ」と名付けられました。「加」賀から「能」登まで、県内の漁協が一つになった新しいプライドを背負い、漁師たちが自信をもってお届けするブランドガニです。

 

9cm以上の雄のズワイガニで、漁師(船主)が品質に自信を持てるものにだけ、漁港の名称を刻印した青タグを付け、「加能ガニ」として市場へ出しています。正に漁師が誇れる加能ガニです。

 

栄養豊富な日本海で育った加能ガニの太い脚には、殻を割るとあふれそうなくらいに身がぎっしり! ゆで上げれば、そのホクホクとした身はしっとりと甘く、繊細な旨味を堪能でき、さらに甲羅の中の濃厚ミソは独特の風味から珍重されています。冬が来るたびに味わっていただきたい、石川県が誇る海の幸の象徴です。

 

文章引用先;

橋立魚港の位置

加能ガニ|橋立港・金沢港・富来漁港・輪島港・蛸島漁港等|石川県県産オスのズワイガニ 加能ガニ記事一覧

【橋立ガニ】橋立港で水揚された上ズワイガニ!(加能ガニ)特大サイズ 竹本商店「加能ガニ」の中でも橋立港産の雄(オス)のズワイガニは、「橋立(はしたて)ガニ」と呼ばれ、青いタグと橋立港のタグがダブルで付きます!黒字に金色の「橋立港」の文字が輝き、橋立漁港オリジナルのタグが目印となります。橋立は北前船(きたまえぶね)で栄えた時代、日本一の富豪村と言われてました橋立港限定!上ズワイガニ(加能ガニ)特大サ...

日本海にかにを食べに行こう!