冬に楽しみたいズワイガニ

ズワイガニは、11月から3月までが旬ですね。

 

特に茹でカニやカニしゃぶで体を温めながら味わいたいものです。
新鮮なものであれば、刺身で一杯飲むのもいいでしょう。

 

ズワイガニは、
日本で食べるカニとしてタラバガニと並べられる機会が多いです。

 

二種類を見比べると違いが非常によくわかりますね。

 

タラバガニは太い脚をしていてずっしりとした甲羅があります。
ズワイガニは細い脚で甲羅が小さいのです。

 

ズワイガニの味は、繊細でこれぞカニという旨味があります。

 

カニ味噌まで美味しく食べられるので、古くから日本人に親しまれてきました。
熱を加えると殻が綺麗な赤色になるために、目も楽しめます。

 

本州以北の日本海側、関東以北の太平洋側と生息範囲が広いのも特徴です。

 

地域ごとに異なる名称で呼ばれてきたのも特徴です。
松葉がにや越前がにが有名ですね。

 

近年では、他にも地域ブランドカニが増えています。
おかげでズワイガニを厳選して楽しむ機会もまた増えているわけです。

ズワイガニ|日本全国のブランドガニを楽しむ記事一覧

カニも地産地消ズワイガニのトップブランドとして知られる「越前ガニ」は、福井県で水揚げされたオスのズワイガニのことです。越前ガニの本場、越前町で本当においしいカニを味わいましょう!越前ガニの証明である「黄色のタグ」がリニューアルしました!通常のタグに加え、幻の超特大ガニには「極(きわみ)」の称号が付きます。2017年の初競りでは46万円の値が付いた究極の逸品です。「越前がに」は2018年9月地理的表...

間人ガニの本場宿 海雲館五隻の漁船が命の間人(たいざ)ガニ間人(たいざ)ガニは、ズワイガニの中でも丹後半島の間人港で水揚げされるものだけを指します。極上の肉質と、漁の当日に帰港して食膳に出される鮮度からテレビで取り上げられたこともあります。しかし、間人(たいざ)ガニの漁獲量は年間わずか20t程度と少ないものです。その秘密は、間人港に所属する漁船がわずか五隻であることが原因となります。カニの旬は冬場...

島根県の隠岐の島周辺海域は、プランクトンが豊富です。そのため、様々な魚介類が生息する漁場として知られています。この隠岐の島近辺の海底域で育ったズワイガニが、隠岐松葉ガニです。松葉ガニの中でも大型で高品質と言われています。これは餌が多い上に外敵がいないという恵まれた環境によるものです。隠岐松葉ガニは、かご漁業と呼ばれる方法で漁獲されています。かご漁業は、サバやイワシを餌として入れたかごを設置してカニ...

楽天【送料無料】【津居山がに】津居山(ついやま)ガニは、兵庫県但馬地方にある豊岡市津居山にある津居山港で水揚げされたズワイガニです。ズワイガニの漁場に比較的近いため、日帰り操業が可能です。津居山港はかに漁を行っている所属船が多く大型の船です。このため、ブランドガニとしては比較的安定した水揚げが期待されるのが特徴です。安定しているとはいえ、あくまで他のブランドガニと比べてのものです。身の詰まったラン...

【送料無料】金沢港よりボイル発送!最高級!ブランドズワイガニ 加能ガニ (大)楽天で購入石川県で水揚げされているズワイガニを加能ガニと言います。石川県の地名である加賀と能登の一文字目から名付けられました。橋立漁港や金沢港、輪島港といった漁港にて水揚げされています。冬場に加賀温泉郷へ旅行すれば、食べる機会にも恵まれるでしょうね。輪島の朝市にて見ることもできます。地元ではシーズン中にたっぷりと楽しめる...

大きな地図で見るカニのブランド化現象が、各地に広がっています。特にズワイガニは日本海側においしい地域が多いためでしょうか。地域間競争激化の様相を見せているのです。背景には、間人かにや越前がにといったズワイガニのブランド化成功があります。もちろんただ真似をするだけでなく、各地方で様々な展開を見せています。展開方法からも地域間競争激化の様子が伺えますよ。様々な展開方法例えば兵庫県の浜坂地区では、ズワイ...

日本海にかにを食べに行こう!